2018年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 秋の味覚
    実家の柿
    実家の柿



  • 新たな発見!更新講習見学

    更新講習

    午後から宇都宮市にて古民家鑑定士更新講習が開催されました。5月に続き見学にお伺いしました。今回は所属する古民家再生協会の支部や住教育などについてお話する機会を頂きました。

    毎回感じることですが、その都度新たな発見があるものです。今回も新たな発見、気づきがありました。来月は私自身の更新講習を受講します。また新たな発見があることを楽しみにしています。

    伝えていくもの

    入場門

    次女の保育園では運動会が開催されました。かつて上の子どもたちがお世話になっていた頃よりも子ども達の数が少ないことに驚きました。これも少子高齢化の現れ方の一つなのかもしれません。

    曇り空でほとんど日が差さず、時折吹く弱い風のせいか、寒く感じました。子どもたちも寒さには敏感で、上着を着たり脱いだりしていました。少なくなってしまった子どもたちですが、私たちなりの全力をもって、一つでも多くの価値ある建物がその思いと共に残され、使われ続けていきますように。

    安心のリフォーム

    表 裏

    現在、住宅の改修工事についてのお見積りをさせて頂いています。明後日はもう1件、改修のご相談を頂き、下見にお伺いすることになっています。新築住宅には瑕疵保険の付与が義務付けられています。改修についても同様のリフォーム瑕疵保険がありますが、これは新築ほどの強制力がないため、あまりかけていないようです。

    当社では改修工事費の総額が200万円を超えるものについては全て、このリフォーム瑕疵保険を掛けることにさせて頂いております。対象となるのは在来工法だけではなく、伝統工法のものにも同様の対応をさせて頂きます。

    また、日光市の物件に関しましてはリフォーム助成金の申請手続きもさせて頂きます。(工事の規模や条件により、申請できない場合もあります)

    より良い形で、より良く古民家を残し、利用し続けるため、次の世代にきちんと手渡すため、これから益々頑張ってまいります。何かご不明な点、ご相談などございましたらお気軽にご一報ください。

    一足お先に

    嵐の前

    衆議院が解散され、各地で様々な動きが出始めました。そんな中、一足お先に選挙が始まりました。選挙管理委員会のお仕事で、ポスター掲示場の設置です。これは日光市大工協同組合で旧今市市の範囲を請けています。当社では旧今市市今市地区内の31箇所、2班分を担当させて頂きました。告示前に完了し、検査を受けますので、選挙が告示前に始まることになります。

    「選挙で選ばれた者は、投票した市民のレベルを超えることはない。」と言われます。私たちの未来を託す選挙。私たち一人一人がしっかりとその機会を使い、国の未来をつくらなければなりません。責任重大です。

    住生活月間に向けて

    住教育インストラクター

    住教育インストラクターの認定証カードでした。10月の住生活月間に合わせて、全国各地で様々な活動が展開されています。栃木県ではまだまだ準備段階ですが、住教育カードゲームを使ったセミナーなどを企画しようと検討しています。

    確認が取れていないのですが、住教育についてのお問合せがあったらしいとのこと。お一人お一人が、ご自分の住まい、暮らしに能動的に考え、関わっていけるよう、精一杯お手伝いさせて頂きます。

    秋深まります

    少し肌寒さを感じる季節、湿度が下がって、カラッとした風が吹き、秋を思わせるようなウロコ雲をよく目にします。暖房器具が活躍する季節ももう少しです。紅葉には少し早いようですが、日光への車は週末ともなると多くなってきたように感じます。

    こんな季節、暖房器具の点検をしては如何でしょうか。また、雨樋についてももう一度点検してみてください。落ち葉などが詰まっていませんか。雨樋が詰まり、雨水が漏れ、壁などに直接かかるようになると、そこから水がしみこむ危険があります。このような状態で水分が壁などにつきますとなかなか乾かず、内部の木材の腐食や外壁の汚れなどの原因になってしまいます。雨漏りと合わせて点検されますことをお勧めします。

    季節の変わり目、お宅の点検、お手入れをお忘れなく。

    四分の一

    9月も今日で終わり、明日から10月です。2017年も四分の三が過ぎ、四分の一を残すのみとなりました。皆さんの2017年四分の三はいかがでしたか。充実してましたか。私は8月に50歳の誕生日を迎え、50代のスタートを切りました。

    今年も残すところあと四分の一となりました。10月は毎週のようにイベントに参加させて頂きます。沢山の方とご縁を頂きたいと今から楽しみです。

    少しずつ気温も下がってきているようですが、日光はこれから紅葉の秋を迎えます。日光の秋を楽しみながら、10月も頑張ってまいりましょう。

    書類受け取り

    建築士事務所の登録について更新申請をしていたのですが、手続きが完了したとの連絡を受け、書類を受け取りに行ってきました。5年に1度の手続きなので、慣れることができず、毎回悪戦苦闘を繰り返しています。

    朝一番でこの書類を受け取った帰り道、設計事務所さんにてリフォーム物件の書類を頂きました。見積依頼を頂いており、図面などが揃うのを待っていました。いくつか確認、打ち合わせさせて頂きました。

    これから具体的な検討に入りますが、お客様がより快適に、長くお住まい頂けるよう全力を尽くします。その結果、ご縁が頂けたらいいな、そんな風に考えています。

    高崎にて

     杉本支部長

    群馬県高崎市にて「古民家ネットワーク」北関東会議が開催され、茨城、群馬、栃木の3県から古民家ネットワークの皆さんが参加されました。5月に続いて2回目の開催となります。私は一般社団法人全国古民家再生協会栃木第二支部の伊藤支部長と共に参加させて頂きました。

    本日の走行距離250㎞超、その距離と時間をかけても意味ある、意義深い、楽しい会議となりました。

    組子の壁

    組子の壁

    宇都宮工業高校の生徒らが作った、伝統工芸の鹿沼組子による耐力壁の強さを調べる実験がなされました。結果、一般木造住宅に使われる構造材と同等の強度が確認され、今後、正式な性能評価を受け、国土交通大臣の認定を目指すとの事。

    伝統技術を新たな形で活かしていくのは素晴らしいこと、このような経験をした若い方たちが技術を継承する担い手となって頂けるよう、その一助となるべく『平成の大工棟梁検定』が全国13か所で開催されます。10月31日には栃木県でも開催されます。お一人でも多くの方のお申し込みをお待ちしております。

    パンフレット1 パンフレット2 

    パンフレット3 パンフレット4