2018年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 昼休みRUN寒いです!
    日光の山々
    日光の山々



  • 元服

    バースデーケーキ

    長男は14歳の誕生日を迎えました。150年ほど前なら元服ということになりそうですね。私は14歳の時に学校で立志式なるものをやって頂きました。

    14年前の今日、彼が生まれてくれたおかげで私は父親になれました。親として14歳。私も息子もまだまだ修行中、これからです。息子も世が世なら大人の仲間入り、急にではないにしても、少しずつ距離感が変わってくるのだと思います。男同士の話が少しずつできるようになるんですね。そして思いのバトンはつながれていくんですね。これからの彼の一歩一歩が楽しみです。

    三依の秋祭り

    三依秋祭り 木登りと記念写真

    中三依の秋祭りにお邪魔しました。あいにくの雨でスケジュールに変更は出ましたが、獅子舞や返し音頭など地域独特のものを見ることができました。加えて、子ども達がとっても素直なことに驚きました。

    地域の人のつながり、特に大人と子ども、世代間交流など様々なことを考え、多くの気づきを頂ける日となりました。皆さん、本日は大変お世話になりました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

    雨樋点検のすすめ

    雨が降ったり、やんだりを繰り返し、雨樋の乾く暇がありません。落ち葉の季節を迎える寸前の今、雨樋の点検、お手入れをおすすめします。これまでの雨などにより、樋の中にはごみや土などがたまっている場合があります。そこに落ち葉がたまると詰まる原因となります。

    雨樋が詰まると、雨水が漏れ、壁にかかってしまったり、濡れてしまうことが続くとかびてしまったり、内部に入り込んで木材を腐らせる原因となる可能性があります。そうなる前に点検、お手入れをおすすめします。

    私の一票

    期日前投票所

    雨の中、衆議院議員選挙の期日前投票に行ってきました。小選挙区、比例代表区の投票のほか、最高裁判所判事の審査をしました。

    最高裁判所判事の国民審査については、形だけやっているという感じがしてなりません。その判事がどんな事件を扱い、どんな判断を下したのか、情報がありません。あるのかもしれませんが、私が目にするところにはないようです。ただ形だけの国民審査になっている印象です。

    とはいえ、国の方針を託す選挙、無効票だったとしても、投票を拒否するのではなく、無効票として一人の権利を行使してほしいと思います。

    成長

    中学2年生の息子は既に妻の伸長を抜いていましたが、とうとう私の身長も抜かれたことがわかりました。

    「学校で身長と体重を測ったんだけど、身長は166㎝だった。」

    「え、ちょっと待って。お父さん165㎝だよ。そこに立ってご覧。」

    二人並んでみると、確かに息子の方が高い。私も大きい方ではありませんし、いつかは抜かれると思っていましたが、こうもあっさり抜かれるとは思いませんでした。少なからずショックでした。

    息子の成長はとても嬉しく、頼もしく感じる半面、さみしいものですね。でも、それだけこれからが楽しみです。

    説明会

    説明会 配布資料

    11月3~4日に宇都宮市のマロニエプラザで開催されるECOテック&ライフとちぎの説明会が開催されました。古民家再生協会として参加させて頂くようになって3回目を迎えます。例年では12月の開催でしたが、今年は1か月前倒しの開催となります。

    毎回新たな出会いがあります。今年はどんな出会いと機会が待っているのか、ワクワクドキドキです。

    秋の空

    秋のさわやかな空が続いています。雨が少なめで、よく晴れていますが、湿度が下がり乾燥しているせいか、風邪が流行っているように感じます。次女は先々週、発熱で1週間保育園をお休みし、今週も連休というのに熱が出てしまいました。

    幸い熱は下がったものの、のどの痛み、咳などは続いており、今週もお休みになりそうです。

    朝夕の気温は寒さを感じるほどになり、暖房器具も使い始めるころ、空気の乾燥も進んでいるようです。くれぐれもご注意ください。

    機会

    これまで様々な場面で沢山の方から多くの機会を頂いてきました。お仕事もその一つです。成功は準備+機会と言われています。無限にある機会を手にするための準備を続けたものだけがそれを手にでき、そこから成功を得る、というものです。

    そこまでオーバーでないにしても、機会に気づき、それを手にできるかどうかは準備次第ということだと思います。ごくまれに、思いもよらぬところから機会が表れ、手にするいや、気づいたら手にしていたということもあります。

    そのような機会を見つけ、手にできるよう、準備を怠らずにいたいものです。

    本番1週間前

    1級建築施工管理技士実地試験の記述式問題の対策講座の添削講師をさせて頂いていますが、本試験の1週間前となる本日、試験前最後の添削指導をさせて頂きました。

    皆さん、本番前で必要以上にに不安がったり、神経質になったりといった印象を受けました。1週間という時間があるわけですから最終的な確認などをしっかりやれば恐れることはないと思います。それだけの努力を重ねてこられたはずなので、自信をもって臨んでほしいところです。

    皆さん全員の合格を祈っています。そしてもう一つだけ、決して資格取得が目的、ゴールではなく、そこがスタートとなることを忘れないでください。技術者としてより良いものを作るための資格であることを。

    得意を活かして

    ジャパトラお届け メニューイラスト

    リフォームの打ち合わせのあと、中三依の古代村さんにジャパトラ10月号をお届けに伺いました。こちらのお店のメニューはイラスト集になっています。この絵がとてもおいしそうで、温かみがあるのです。

    このメニューは、イラストを描いた方、レイアウトと編集をした方、実際に製本作業をした方と3人がそれぞれの得意なことを活かした結果とのこと。こんな風に人を引き付ける魅力があるのが中三依です。そして、それぞれが得意なことをしていく、しかも阿吽の呼吸で、というのは正にいいチームの条件を満たしていますね。

    紅葉の季節ももうすぐそこ。おいしいお蕎麦と紅葉を味わいに、如何ですか。おすすめですよ。