2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

  • 屋根葺き完了あとは棟です
    屋根葺き
    屋根葺き
  • Page 5 of 324« First...34567...102030...Last »



    いよいよ明日

    仮組み

    組立茶室は加工を完了し、仮組などを経て梱包、明日の組み立て、展示を迎えます。

    明日は宇都宮市総合文化センターにて、16時開幕の『8人の建築家展』にてスタイルウェッジ一級建築士事務所さんのブースに展示されます。20日の17時まで開催されますので、是非会場で実物をご覧ください。(中に入ることもできます。)

    3会合in東京

    説明会 古民家議員連盟会議 

    古民家再生のすすめ

    午後から東京にて、3つの会合に行ってきました。

    一つ目は優良工務店支援協会の説明会です。工務店のこれからについて様々なお話を伺いました。

    二つ目は衆議院議員会館にて自民党古民家議員連盟の会議を見学させて頂きました。古民家をどう活かすか、そこにはどのような課題があるのかなどについて活発に議論が交わされました。

    三つめはロングステイや農泊などと古民家再生についてのお話を伺いました。全国的な展開として進められている流れの一端を見せて頂きました。

    時間の都合で懇親会は欠席させて頂き、帰路につきましたが、盛りだくさん、とても興味深いお話ばかりでした。

    順調に進んでいます

    加工

    金曜日の展示に向けて、組立茶室の加工が進んでいます。様々な検討を重ねた結果、部材は17種類に上るため、加工図、組立図を何度も見直し墨付けし、加工を進めています。

    材料搬入

    材料搬入 加工モデル

     加工 墨付け

    組立茶室の材料が搬入され、加工が始まりました。加工図、組立図はありますが、常にチェックし、加工があっているか、納まりがよくいくかを考えながらの墨付けです。今回は墨あとが残らないようにしなければいけませんので、鉛筆で墨付けし、加工後、残ったものは消しゴムで消すことになります。

    今週金曜日から始まる建築展で展示されますので、もう少しお待ちください。

    2017年度

    審判証

    2017年度のサッカーの審判証が届きました。長男は中学生になりましたので、審判をする機会は減ったのですが、私自身のリーグ戦などで必要と考え、更新することにしました。

    今年は走り込みを続け、3級審判への昇級審査に挑戦しようと考えています。

    6年

    東日本大震災から6年が過ぎました。その後の応急危険度判定、被害認定調査では、どれほど技術を駆使しても抗えない自然の大きな力を思い知らされたのが6年前の震災でした。

    震災後の原発事故による帰宅困難な方々を思うと、いくら高度な技術であっても、限界はあり、その分のリスクが必ずあることを認識する必要がありますし、技術におごることなく、常に最善を目指す姿勢を忘れてはなりません。

    被災されたすべての皆さんが一日も早く、これまでの日常を取り戻されますように。

    1日がかり

    建築士事務所管理者研修

    朝から宇都宮で解説者・管理建築士のための建築士事務所の管理研修会を受講してきました。なかなか参考になるお話を伺うことができました。

    加工図のその後

    組立茶室は材料指定で兵庫県から取り寄せます。来週月曜日に到着予定です。現在は加工図と組立図の作成が進んでいます。これといった工具を使わずに、誰でも簡単に組み立て、解体できるようにするため、組立図の作成も重要となります。

    どんなものが出来上がるか、今から楽しみです。

    出前講座

    日光市の『ひかりの郷出張出前講座』に住教育のコマを入れて頂けるようお願いしていたのですが、年度途中ということで切り替え時期まで待つように言われていました。年度末も近づき、ご連絡があり、申請用紙を頂きました。

    家づくりは作り手だけのことではなく、あくまで住まい手が主役で、作り手はそのお手伝い、建てた後に継続的なお手入れをしてこそ長くお住まい頂けるのです。それを感じて頂くのが住教育です。

    住教育と一言で言っても切り口は様々、対象年齢も様々です。皆さんのお住まいがご家族と共に時を重ね、長くお住まい頂けますようお手伝いさせて頂きます。

    製作決定

    実物大模型

    懸案だった組立茶室の件ですが、打ち合わせを重ねた結果、製作が決定しました。早速、各部材の加工図を描き始めました。それぞれの部分で気になる納まりがあり、段ボールを組み合わせて原寸模型を作ったりもしました。

    かつて、この仕事を始めた頃、木造住宅の図面を描いている最中に、納まりがイメージできずに画用紙で模型を作ったのを思い出しました。作りやすく、材料の無駄が少なく、納まりのいい方法を探すべく、楽しみながら作図しています。

    Page 5 of 324« First...34567...102030...Last »