2018年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • 公共施設修繕~材料加工2~
    笠木端部
    笠木端部



  • ベースコンクリート打設

     ベースコンクリート打設 養生

    昨日に引き続きベースコンクリート打設です。今回はべた基礎を採用しますが、立ち上がりを先に打設します。そのため、土間部分となるスラブの下にベースとなる部分をコンクリートで固めます。勿論配筋もしています。

    午後から雨という予報でしたので、シートでの養生も忘れていません。午前中降らなかったので大丈夫でしょう。

    現場は養生のために一日開けて、明後日立ち上がりの施工を再開します。

    根伐(ねぎり)物置始まりました

    F様邸物置新設工事

     根伐 配筋

    根伐が始まりました。

    規模が小さいので、早く掘れますが、いくら小さくてもやることは同じ。小さいだけに大きな重機を入れるわけにもいかず、気を使うことも多くなります。

    いくら物置でも手抜きはしません。きちんと砕石を敷き込みます。

    Technorati タグ: ,,,

    桜満開!

    桜満開! 広々グランド 飛び入り参加

    日光市の中でも今市では桜が満開です。私の住んでいる近所ではやっと咲き始めたかな、というのにほんの10㎞ほどの距離では満開なんですね。

    私もお世話になっているボーイスカウト今市第2団の運動会があり、花見がてら家族で見学に行ってきました。(私も一応指導者の一人なのですが、この10年ほどは諸般の事情によりあまり参加できていません。)

    初めは緊張して兄妹だけで走り回っていた子どもたちも時間がたつにつれ、飛び入り参加していました。

    日頃広々としたグランドなどで走り回ることが少ない子どもたちはとにかく大喜びで、楽しい一日を過ごせました。

    今週の日光は弥生祭があります。これに向けての準備も着々と進み、多くの皆さんをお迎えする体制もできているようです。

     

    イメージする力

    私の仕事は、建築の設計、監理、施工管理、施工です。簡単に言うと、たまに設計もする大工さんということになります。

    私の知り合いには、設計や監理、施工管理などが主な仕事だと誤解しておられる方もおられるのですが、実際には金槌を持って釘を打っています。

    設計、施工、その他様々なお仕事の場面で、イメージする力が大切になります。

    設計の際、お客様が笑顔でお住い頂いているところをイメージしたり、お客様のご要望を満たす空間をイメージしたりします。

    施工の際には、木材が組み上がる様子を3次元でイメージし、見積もりや加工、組み立てをしていきます。

    サラリーマン時代は現場監督でしたが、その後この仕事を始めたころは、どうしてもイメージできずに、紙で模型のようなものを作ってみたりして3次元のイメージを作ってから、2次元の図面に表現したりしていました。

    親方は常に3次元の空間のイメージが頭に浮かぶそうで、経験の蓄積に驚かされることもしばしばです。

    職人なら、設計者なら当たり前のことかもしれませんが、イメージする力とそれらを理論や理屈で解析、構築する力が求められる世界です。

    Technorati タグ: ,,

    プロのお仕事

    ご縁を頂いて数年、今でもお付き合い、お仕事とも続いているお客様に出会ったころに言われた言葉、それは「イレギュラーな仕事をやってこそのプロでしょう。今まで経験したことがない、ではなくやってくださいよ。」確かにそのとおりでした。

    その時も、私たちの通常の業務ではやらないことでしたし、経験や想像すらしたことのないことをお願いされたのでした。

    どうしてもリスクを避けたい、より安全な手法、方法を取りたいという思いが強くなり、返事を渋っていた時に言われた言葉で、そのご思い切ってやってみたところ、お客様にもお喜び頂けましたし、私自身お仕事をさせて頂いた以上の経験や学びを頂きました。

    あれから数年が過ぎましたが、今では新しいことやこれまでは難しい、無理、常識はずれ、と思われるようなことでも、どうしたら上手くできるか、お客様の笑顔につながるよりよい方法はないかと、挑戦し続ける姿勢を強く持つことができるようになりました。

    私たちは親方や諸先輩に育てられているのではなく、お客様に育てられているんだ、という言葉をある大工さんがおっしゃっておられましたが、まさしくその通り。お客様のお陰さまでここまできました。そんなご恩、ご期待にお答えするためにも挑戦し続けます。

    うららかな春の日、満開の桜を見ながら新たな思いを強くしました。

    Web日光例会始りました!

    例会風景

    毎月一度、Web日光の定例会が始まりました!

    数えること26回目、これまでとは少し違った、これまで以上に踏み込んだ内容となってきました。webを考えながら、会社の経営や仕事の仕方にまで内容が及んできています。

    今回も濃い長い夜になりそうです。

    Technorati タグ: ,

    経年変化

    住宅は完成後、時々刻々、変化をしていきます。

    外壁も、床も、壁も、天井も、設備も、電気も変化をしていきます。これには、こまめに対応することが求められますし、変化するのを予期して事前に対応することが必要となる場合もあります。

    経年変化というと、このようなハード面を思い浮かべる方が多いと思われますが、ソフト面としてはどうでしょうか。

    建築時には小学校に通っていたお子様も、いつの間にか成人し、独立、幼稚園に通っていた娘さんは嫁いで別の場所に家を建て、今では夫婦二人きり。なんてお話を伺うことがあります。

    家を建てることをお考えになる時には、この家で10年後どのように暮らしていたいか、20年後はどんな生活が送りたいかをお考えの上、今必要な間取り、設備について検討していくことをお勧めします。

    その中には家自体が持つ寿命、何年もたせたいか、といったことにまで思いを巡らせ、家族の夢を実現して頂きたいと思います。

    そう計画しても私たちの暮らしの変化は予想を上回るものです。でも、少しでもそれを予測して、対処する方法を楽しめたら、生活自体ももっと楽しめるように思います。

    左官仕上げ塗り

     上塗り完了 柱脚部仕上げ完了

    昨日に引き続き、左官屋さんが仕上げ塗りです。

    柱脚部もきれいに仕上がりました。ついでと言っては何ですが、石張りの目地の痩せているところなども補修して頂きました。

    このあとは、十分に乾燥させてから、柱頭部(柱の上部)の既存部分との取り合いを処理し、塗装となります。

    Technorati タグ: ,

    左官下塗り

     ラス網巻き付け中 コーナー取り付け、下塗り 基礎部補修

    先週お伺いしたお宅の柱も、左官屋さんのお仕事になりました。

    柱脚部の水切りについてはお客様の希望で隠すように変更になり、左官屋さんと相談して水が入り込まないように工夫しました。

    まずは柱にラス網を巻いていきます。これでモルタルの付きがよくなります。その後、コ―ナーを取り付け下塗りしていきます。

    基礎部分は、数回に分けて塗り重ねていきます。きちんと水平を見ながら、水がかかっても自然に流れ落ちるように塗っていきます。

    Technorati タグ: ,,

    五月人形

    いいお天気、しかもお休みということで、5月人形を出し、鯉のぼりを上げることにしました。

    今年で6回目になります。とはいえ年に一度のこと、記憶をたどりながらの作業となります。

    特に鯉のぼりはポールの、根元を地面に打ち込んだり、継ぎ目のボルトを締めたりと、工具が必要になります。

    そんなこんなで、まずは工具をそろえるところから始まり、数十分の奮闘で鯉のぼりと五月人形の飾りつけが終わりました。子どもたちも大喜び。この子たちのために多くの皆さんの思いが鯉のぼりや人形になったわけで、そんな思いを感じることができ、幸せだなぁ、と改めて思うのでした。

    Technorati タグ: ,