2015年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • ラジオで当たりました
    サイン入りポスター
    サイン入りポスター



  • 三次審査

    大田原フェスティバル

    大田原高校にてサッカー3級審判昇格審査第3次審査の実技が行われました。大田原高校主催の大田原フェスティバルという大会で審判をさせて頂きました。

    本日、この会場での受験は私を含め4名。この会場で開催される4試合のうち、二人組で2試合担当、内1試合で主審、もう1試合で副審を担当します。副審の不足は出場校から出して頂くということになりました。4人の中で、お一人は高校の先生、その方と組むのは3次審査が3回目という方、もうお一方は私と組む方で私同様初めてのかたでした。前後半35分ハーフタイム10分の試合時間でした。

    私は第2試合の主審と第4試合の副審を担当しました。高校生の試合、しかも11人制です。ピッチはいつもの2倍以上なのに加え、運動量、スピードもそれなりのものでした。運動不足の私は主審をしている試合の後半8分過ぎくらいからふくらはぎが悲鳴を上げ、つりそうになりました。何とかだましだまし走りましたが、スピードが上げられなくなりました。

    副審も同様に足がつりそうな状況を抱えて走りました。どうにか走り切りましたが、講評では、「遅い」と指摘を受けました。

    現状で出せる限りの全力で取り組めましたので、結果はどうあれやるだけやれたと思います。自己採点では運動量が不足している点が大きいところで、「また来年チャレンジしよう!」というところでしょうか。走り込みをきちんとすれば今日のレベルであればおいて行かれることもそれほど多くないのではないかという印象がありますので、来年に向け、しっかり走りこんで次こそ合格を目指します。

    ちなみに結果は来年2月ごろメールにてお知らせ頂けるとの事。万が一の合格を少しだけ期待しながら、走り込みを始めます。

    この記事にコメントする

     

     

     

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>