2015年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 酒蔵見学~惣誉酒造編~
    見学会
    見学会



  • あるものを活かす

    まちなかのせせらぎ

    まちづくりには様々な考え方があります。ハード面においては莫大な予算と時間が必要となりますし、おいそれとは変えられないものです。区画整理事業などはその最たるもので、予算もさることながら、時間が数年ではなく、数十年単位でかかるものとなります。

    現在今市地区で行われている東武下今市駅付近の区画整理事業などがその例となります。また、清原町の信号から宇都宮よりに幅員16mの都市計画道路の計画がありますが、数十年経過した今でも計画が遂行されることなく、かといって計画がなくなることなく活きているのです。そのせいで、道路際には住宅などが建てられないということになっています。実際には建てることが可能ですが、止まっている道路工事の計画が動き出すと無条件で立ち退かなければいけないわけで、その点念書を書いてからの建設となるのです。

    そこまで大げさでないにしても、まちづくりにそのまち”らしさ”を加えるのは何か、そのまちに昔からあるものを活かすまちづくりだと考えています。今市地ウの中心市街地で言うならば、せせらぎと広葉樹ではないでしょうか。現在は蓋をされているところもありますが、二宮濠やささらぎが多いのです。まちと人と水の距離感が近いというのはいいまちと感じる大切な要素だと思います。そのささらぎに加え、モミジなどの紅葉する樹木が多く点在するというのは大きな財産です。

    せせらぎと、紅葉する樹木を小道で結び、その途中にカフェや甘味どころなどがあるまち、歩く速さ、人間の距離感で楽しめるまち、そんなまちになる要素がまだ、今なら残っています。効率やきれいさだけでは語れない面白いまち、そんなまちづくりをして頂きたいなぁ。

    この記事にコメントする

     

     

     

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>