2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 木造住宅の構造計画~講習会~
    講習会風景
    講習会風景



  • 素晴らしい機会・体験

    開会前準備 公開審査 会場内

    新潟県湯沢市にて、関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会新潟大会が開催され、我が今市支部からは私を含め、3名が参加しました。全体会議Ⅰのあと、各分科会に分かれます。私は第1分科会で活動報告をさせていただきました。

    その内容は昨年の震災後、栃木県内の応急危険度判定、被害認定調査について、その経験、感じたこと、考えたことなどを発表させていただきました。栃木県はあまり知られていませんが、70,000棟を超える住宅が被災し、今でも避難勧告を受けている地区もあるのですが、その辺を皆さんにご理解いただきたいということに加え、私の体験についてお話させていただきました。結果は10都県中7位でした。私なりにベストを尽くした結果ですので、悔いはありません。最低限の役目は果たせたのではないかと思っています。しかしながら、このような機会を与えてくださった社団法人栃木県建築士会青年委員会の皆さんには大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    他の都県の方々は様々な活動をされ、その発表もしっかりと作られていました。その中には今後の参考になる活動もたくさんありました。それらを持ち帰り、今後の活動に生かしていきたいと思います。

    今回は沢山の方々にかけがえない機会を頂くことができました。みなさん、力不足で申し訳ありませんでした。お世話になりました。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

    2 comments to 素晴らしい機会・体験

    • サカイ

      発表お疲れさまでした。
      発表を見れなかったのが、とても残念で悔いが残ります。
      しかし、審査委員長から、今回のテーマを考慮せず、建築士の活動として、専門的分野からみた評価は栃木県が断トツだったと…
      個人的にも、ダブル受賞はおかしいし、是非とも他の都県を表彰すべきだったと話させていただきました。
      まあ結果はさておき、折角の素晴らしい発表でしたので、再度内容をまとめて画像と一緒に報告書の作成をお願いできませんか? A4、2〜4枚程度にまとめて下さい。
      よろしくお願いします。

    • 竹蔵

      サカイ様

       コメントありがとうございます。過分なお言葉、恐れ入ります。
       
       報告書の件、検討させていただきます。

    この記事にコメントする

     

     

     

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>